2017年1月18日水曜日

今年も、もちつき

息子の通う幼稚園で恒例の「もちつき」が行われました。
ことしも参加させてもらいました。




何気なく毎年使っているこの臼ですが
実は20年程前に園の木を切った際、発生した木材を利用したものとのことです。
由緒あるというか、このサイズの木って結構な木だったんでしょうね。







この蒸し器、そしてもち米の準備は
祖師ヶ谷大蔵のお米やさんにお願いしているとのことです。











こうやってついている写真を撮りましたが、実際の処
私は歴が長いので、ほとんど「返し」担当になっております。
長女の頃から合わせると今年で8年目ですからその役回りも自認しておるわけです。

そんな「例年」の話も来年の次回で最後になります。
ちょっと先が見えた寂しさも感じたもちつきでした。

今年は当社のお年賀で配布している「一味唐辛子」 を持ち込んでみました。
付け合せで出してくれる漬物や磯辺焼きにちょっと付けてみました。
激ウマでした。
これは新たな発見でした。

「もちつき」ってそうそう機会ある話ではないですが、
当社の「炊き出し」でもちつきやってもいいかな?なんてちょっと思ってしまいました。






0 件のコメント: