2016年6月3日金曜日

ゴルフのレッスンをハイテクとアナログで受けた話

マラソンチャレンジが終わり、気持ちの上ではランナーからゴルファーに切り替わったはずなのですが、まだスコアが切り替わっておりません。

そこでレッスンを受けて来ました。
場所は

千歳ゴルフセンター HP
ココでレッスンを受けて来ました。
普段は最寄りの給田ゴルフセンターで練習していますが、こちらもレッスンを受けるときは利用しております。

綺麗に整備された都会のゴルフ練習場です。
まさに爽やかなひとときです。

さてレッスンですが、
・スイングは左右対称→右わきをしめる
・腕を曲げるのがコック
・体の中心にクラブ
・結果ヘッドが走る、結果シャフトが立つ
まあ、そんなこんなを教わりました。
数年前から、2〜3ヶ月に1回程度の頻度でレッスンを受けて来ましたが、今までは調子が悪くなると、泣きついて何かを教わる
という対処療法だったのですが、今回は「腕の使い方を教わりたい」とリクエストしました。
なぜ、そんな事を言ったかというと

コレをちょっと前に購入しました。

エプソンMT500G2


スイングのセンサーです。
こんなゴキブリの様なセンサーをグリップに装着すると
 
Bluetoothでスマホにデータが送られて↑このようにスイング軌道が分かります。
もちろん、↑のデータは80点のイイやつを張っているわけで、これが毎回出せたらどんなにハッピーゴルフなんでしょうねぇ〜

で、このアプリが色々おすすめ練習から、ご指摘など色々お指導してくれるわけです。
正直言うと、今後はコンピューターがレッスンしてくれるのか!?
と、思ったのですが、結果は今回のように「余計疑問が増える」という状態になりました。
ここでアプリに「もう少し手を使ったスイングをしなさい」と言われました。

しかし、「手って何だよ!?」という質問はまさに禅の問答の世界です。

まあ、今回レッスンのお陰で、最近のモヤモヤがかなり澄み切ることが出来ました。
結果としてうまくなればいいわけですよ。

自分を客観視することの苦手なボンクラはこうやってハイテクに頼ってでも何してでも、結果としてうまくなればいいんです。やらないで上手くならないよりかはいいんです。

あとはコースで活躍するだけ!?
いや、その前に練習しないといけませんね。
まだまだ先は長い訳です。頑張ります。

こちらは得意です。






0 件のコメント: