2015年12月1日火曜日

つくしの子に行った

連れて行ってくれた方からの待ち合わせのメールで

「ビールとか飲まれるのでしたら、前もって飲んでおいて下さい」
と意味不明な文章。

混乱のまま、集合。
意味を聞くと
「ビールとかない。日本酒以外は水しかない」

ますます混乱。

世田谷の北から南の先へと向かったわけです。


お店に着くと
なるほど納得。
所狭しとならぶ日本酒の銘柄の前掛け。そして奥の冷蔵庫にはいにしえの銘柄の瓶。

この店は日本酒専門店居酒屋なのです。
正直私は日本酒にはことさらうといので、びびりまくり。
見ず知らずの土地で屈強な大男に囲まれてしまった心境!?

しかし、
そんな緊張はどこ吹く風、
むちゃくちゃおいしい料理。そして、そして今までの概念を覆す飲める日本酒。
実は今まで日本酒はごく一部を除いて飲めなかったのですが、
飲めないはずでしたが、飲んでいるおれ

この様に、デカンタの様に移された二号瓶にメモに書いて出されます。
本当はもっとあったのですが、正直もう判別しきれない・・・・
でも
テーブルに置かれたチェイサーの仕込み水
これのお酒は印象に残っていますね。


本当は日本酒っておいしかったんですね。
誤解しておりました。反省です。
お料理の美味しさも、今回の発見の要素かもしれません。

こちらは最後のお楽しみの「鴨鍋」

本当に、自分は世間知らずというか、
美味しいものを知らずに生きてきたんだなという
反省と後悔
そして出会いに気持ちいっぱい胸いっぱいの時間でした。

「おすすめです」
と言いたいところですが
予約は受け付けておらず、行った時に次回の予約を入れて繰り返され
6ヶ月先ならまだ空いているという状態です。

まれに聞くハードルの高いお店です。
私も今回連れて行ってくれた友達を大切にするのが精一杯です。


とはいえ
ちょっとコレは毛並みが違うというかクセを感じました。
まだ初心者には難しいのかもしれません。

健康であればまた行けるかな?


0 件のコメント: