2015年6月18日木曜日

社内研修その2(江戸東京博物館)

時間が若干経ってしまいましたが、続きを書いてみたいと思います。

東京スカイツリー→浅草浅草寺→の後は

江戸東京博物館に向かいました。
「15年3月にリニューアルされとても評判が高いので、是非おすすめです」
との旅行会社のセリフに言われるままに来たのですが
なるほどでした。
入館するや否や、木造の日本橋が目に飛び込んできます。
これはミニチュアではありません。入り口の受付を済ますと、この橋をわたって先に進むのです。
写真を見ても分かるように天井が高くなっております。まるで映画スタジオのようです。
あの不細工な建物も意味があったんですね。

日本橋を渡ると、こんどは本当の?ミニュチュア。日本橋周辺を再現しております。
時代劇とはまたちがった江戸の雰囲気を感じることが出来ます。
他には江戸城やその中の「松の廊下」などのミニュチュアもありました。

他にはこちらが↓映画セットの様に再現されたお寿司屋さんです。
露天売りだったとは聞いていましたが、なるほどこんなんだったんですね。
一貫がちょっとデカくおにぎりのようでした。
単なる歴史博物館と違い「江戸」「東京」という限定された歴史というコンセプトになっているのでピンポイントにクローズアップされているようにも感じました。
江戸時代の歌舞伎の舞台装置の解説についてはびっくりでした。

他にも個々に書いているときりのないほど様々な展示に正直見きれませんでした。
この博物館の所要時間を1時間としたのは正直間違えだったと思います。
個人的には3時間でも足りないと思います。


こちらが、今回のリニューアルで追加された2000年までの東京
ああ
私の知る東京も「歴史」の一部になっているんですねえ

上の写真の「プリントゴッコ」について
私と同年代の男の人が20代の女性に何をする道具かを説明している姿にちょっと驚きました。

まあ、そんなこんな充実した東京見学をいたしました。

東京スカイツリー→浅草浅草寺→江戸東京博物館
この東京見学コースはおすすめです。






0 件のコメント: