2015年2月16日月曜日

「マギサの家」を見に行きました

ジョーカンパニー主催の演劇「マギサの家」を見に行きました。


基本的には観劇の趣味はあまりないはずなのですが、このブログでも能を鑑賞しにいったり劇団四季を見に行ったりと、そこそこなんか言った報告が重なっておりますね。

このジョーカンパニー(小野寺丈)作品を観劇しに行くというのは、09年の本多劇場の「うろうろ」を見てからの「にわかファン」です。

下北沢の本多劇場で演劇を見たことがないっていうのは世田谷の不動産業者が世田谷を語るくせにちょっと足りない感というか後ろめたさを持っていました。
でも、実際に何を見ればいいのかさっぱりわからない門外漢は指をくわえてみているしかありませんでした。

さてさて、縁あって小野寺さんとお知り合いになることが出来て、晴れて本多劇場で演劇を堪能することが出来ました。
それから毎年、小野寺さんの公演を楽しませて頂いております。
今回は本多劇場ではなく、中野でした。
日曜日の運動不足解消も考えて自転車で行ってみました。
千歳烏山駅から20号線と中野通りで合計約10kmでした。
いけない距離ではないですが、ちょっとかったるかった。
下北沢感覚はいけませんでしたね。

さて、内容のほうですが、近年の小野寺さんの作品にしては心霊とかタイムスリップとかの超超現象系でも「死」の話でもありませんでした。
一つの家族に振りかかる沢山の部外者との摩擦が一気にスパークして家族の絆の素晴らしさに着陸するお話でした(結構乱暴に書いてすいません)

ドタバタ笑いのストーリ展開を続けながらもしっかり納得いく収まり方には本当に感動します。
観劇という非日常にすっかり癒やされた日曜日の夜でした。


0 件のコメント: